利用規約

「プロコース」「座学カバーコース」利用規約

本規約は、一般社団法人Legato Plusが提供する、ドッグトレーナーアカデーTOPの「プロコース」及び「座学カバーコース」利用について定めたものである。セミナーの申込者は、本規約の内容すべてを確認し、遵守することに同意したものとする。
第1条 本セミナーの申込
本セミナーに申し込もうとするものは当団体が指定する方法で申し込みを行い期日までに振込みを行う事
第2条 契約期間
受講の申し込みがあった時点で契約期間が始まるものとする。学習期間は「プロコース」は5カ月間、「座学カバーコース」は3カ月間とする。期間終了後は、受講者の受講権利は消滅する。ただし、受講中やむを得ない理由で受講できなかったクラスに対し、次の開催期間の該当クラスを受講することを可能とする。
第3条 本セミナー座学受講のためのWeb環境等
本セミナーを受講するために必要なウェブ環境(パソコン等のハードウェア、ブラウザ等のソフトウェア、インターネット通信環境等)は、受講者の負担及び責任において準備及び維持するものとする。なお、通信トラブルでセミナー受講が困難になった場合は、当社は一切責任を負わないものとする。
第4条 ログイン用ID・パスワード・URLの管理
本セミナーの契約後に、ログイン用ID、パスワード、URL等を契約者に送付する。
契約者は、ログイン用ID、パスワード、URL等を使用することのみで本セミナーの受講が可能となる。
契約者以外の者が前項のログイン用ID、パスワード、URL等を使用することはできない。
契約者は、TOPが発行したログイン用ID、パスワード、URL等を、漏洩、貸与、譲渡、売買、名義変更することはできない。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などへのアップロードは禁止する。
第5条 権利・帰属・著作権
本セミナーで提供するコンテンツの著作権は、TOPまたは正当な権利を有する権利者に帰属する。このため、契約者が以下の行為を行うことは著作権侵害となる場合がある。
本セミナーのログインID、パスワード、URL等の情報を漏洩、貸与、譲渡、売買、名義変更すること。
本セミナーで配信される映像、音声、文字、資料等を、録画、複製、転載、出版、上映、譲渡、公衆送信、改変等を行うこと。
その他、TOPに帰属する著作権を侵害する行為を行うこと。
第6条 受講のキャンセル、払い戻し
契約成立日以降に、受講者がサービスの利用中止を希望する場合は、講座開講日の1カ月前までに、サービス利用中止希望の旨を、TOPが指定するメールアドレスに告げることとする。開校日の一カ月以前にキャンセルの連絡をされた場合は、入会金と振込み手数料を差し引いた額を銀行口座に振込返金をする。1カ月より後にキャンセルの連絡をされた場合は、支払われた料金の返却は一切行わない。
第7条 サービス提供の休廃止
1.Legato Plusは、契約有効期間中であっても、予告した上でサービスの提供を休廃止することができる。休廃止についてはメールまたはウェブサイト上で発表するものとする。
2.契約者が、本規約のいずれかに違反した場合、契約者の登録情報の全部または一部の虚偽があった場合、もしくはTOPが本セミナーの受講が適当でないと判断した場合は、事前通知又は催告することなく、セミナー受講の停止・または中止をすることができる。
第8条 受講料の変更
Legato Plusは、都合により受講料の変更・改訂を行うことができる。受講料の変更はウェブサイト上にて告知するものとする。受講料変更時点で、既に登録されている受講者に対しては、その時点で残存している学習可能期間中は改訂前の料金を適用するものとする。この場合、追加料金の請求および差額返還は一切行わない。
第9条 サービスの遅れ、中断、消失
1.インターネット、ネットワークの問題などに起因するサービスの遅れ、中断、消失については Legato Plusは責任を負わない。ただし、Legato Plusに完全な責がある場合は再受講の手続きを行う。また、サーバーの保守点検、提供データの整備その他の事由により、サービスの提供を中断・サービス内容の変更をすることがある。
2.講座開催の最少催行人数に達しなかった場合には中止となる可能性がある。
(万が一、中止となる場合の連絡は開講日の約1カ月前に行う。)なお、中止となった場合、受講料金は全額返金する。
第10条 サービスの一時的な中断
Legato Plusは次に該当する場合には、受講者に事前に連絡することなく、やむを得ず一時的に電子メールもしくはウェブサイト上でのサービスの提供を中断する場合がある。この場合、受講者がサービスを利用できなくなる、または、受講者が情報の一部を失うなどの状態が発生する可能性がある。しかしながら、Legato Plusは可能な限り速やかにサービスを復旧するよう努力するが、中断期間に相当する受講料金の返還は行わない。
・システムの保守、点検整備、サーバー運用上のトラブルに伴うサービス提供の中断
・火災、停電などによりサービスの提供ができなくなった場合
・地震、噴火、洪水、津波などの天災によりサービスの提供ができなくなった場合
・戦争、暴動、争乱、労働争議などによりサービスの提供ができなくなった場合
・日付・年号処理の不都合に起因するコンピュータシステム上のトラブル
・その他、運用上、技術上サービスの提供の一時的な中断を必要と判断した場合
第11条 禁止事項
契約者は、本セミナーの受講にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為、または該当するとLegato Plusが判断する行為をしてはならない。
・法令の違反行為、または犯罪行為(類似する行為も含む)
・本セミナーで配信される映像、音声、文字、資料等を、録画、複製、転載、出版、上映、譲渡、公衆送信、改変等を行うこと
・Legato Plus、本セミナー講師及びその他関係者に対する知的財産権、肖像権、ブライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為、不快感を与える行為、または詐欺、脅迫行為
・公序良俗に反する行為
・本セミナーの運営を妨害する、または恐れのある行為
・Legato Plusのネットワーク、またはシステム等に不正アクセスする、または不正アクセスを試みる行為
・第三者に成りすます行為
・本セミナーに参加する他の利用者の情報収集
・前各号の行為を直接または間接的に助長・惹起する、または容易とする行為
・その他 Legato Plusが不適切と判断した行為
第12条 損害賠償
Legato Plusは、サービスの提供、提供の中断、提供中の事故などによって、直接または間接的に生じた受講者またはそれ以外の第三者の損害については、その内容、方法の如何にかかわらず賠償の責任を負わない。また、受講者は本サービスに基づく第三者との損害賠償請求などの訴訟にLegato Plusを引き込まないことに同意するものとする。受講者が本利用規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によってLegato Plusに損害を与えた場合、Legato Plusは当該受講者に対して相応の損害賠償の請求ができるものとする。
第13条 規約の変更、効力
本規約は、当事者間の最終的な 合意でありかつ全ての合意を規定したものであることを意味する。Legato Plusはサービス変更のため事前の通告なしに、いつでも本規約を変更できる。本規約を変更した場合は、変更内容を電子メールおよびウェブサイト上で受講者に案内し、変更案内後受講者が初めてサービスを利用した時点で変更後の規約に同意したものとする。本規約のある条項が無効あるいは強制力がないと判断された場合においても、他の条項はその完全な効力を維持する。本規約上の受講者の義務は、本サービス、あるいは、本規約の終了によっても、消滅せず、継続する。
以上